NICUに入って活動している、周産期領域で働く臨床心理士のネットワーク

文献紹介

文献紹介

*周産期心理士ネットワーク会員が執筆・参加している文献と周産期医療の本の紹介*

ネオネイタルケア(月刊)にて、「臨床心理士のまなざし」連載中!

   周産期のこころ 臨床心理士のつぶやき
   これまでの連載タイトルはこちら
                    →タイトル一覧


心理臨床実践:身体科医療を中心とした心理職のためのガイドブック
周産期の心理臨床についての章があります

別冊発達32 妊娠・出産・子育てをめぐるこころのケア:親と子の出会いからはじまる周産期精神保健
ネットワークメンバー多数執筆!多職種による様々な視点を提示

18トリソミー
18トリソミーのすべてがわかる1冊。
子どもの生きる力によりそう支援とは?
2015年全国研修の課題文献です。

NICUとこころのケア 第2版
待望の第2版出版です。
周産期で心理支援に携わるための必読書。
2015年全国研修の課題文献です。

周産期精神保健への誘い
多職種での取り組みとして
具体的な事例が豊富に集められています。

臨床心理士のための医療保健領域における心理臨床
臨床心理士会の研修をまとめた一冊

ゲシュタルト療法入門
2章で周産期心理臨床の項があります

周産期のこころのケア
周産期心理士ネットワーク発足についてふれています

*遺伝相談・出生前診断・生命倫理について

*周産期の心理臨床・精神保健について

*流産・死産の赤ちゃんと家族

*新生児医療・ハイリスク児のフォローアップについて

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional